“トライフープ”の名に込められた意味

HOOPとは、バスケットボールのリングと同義語であり、HOOP(ゴール)へ向かって「常に物事にTRY(挑戦)していくクラブでありたい」との思いが込められたチーム名です。

HOOPには、もう一つ『輪』という意味合いもあり、トライフープが地域や人々の『輪』を結び、繋がりを創るクラブを目指す。選手・スタッフ・社員のひとつ指標でもあります。

スペルこそ違えど【tri】とは“3”を指し示す言葉であり、トライフープというクラブが、バスケットボールに情熱を持った3人の青年から創られて誕生した事、そしてプロクラブとしての第一歩が3人制バスケットボールチームであった事にも由来しています。

■トライフープの理念

「挑戦」や「感動」を、エンターテイメントとして創造するクラブ

トライフープは、「常に挑戦する姿勢」を示し続けるクラブであること。どんな困難に直面したとしても、知恵を絞り、努力を重ね、仲間とのチームワークで必ず乗り越えていく。トライフープが挑戦を続ける姿から生まれる感動で、携わる皆様の一体感を呼び、繋がりを作り、地域を超えた多くの人々にプラスの影響を与えることが出来るクラブを目指していく。その強い思いを込めて、この理念を掲げています。

岡山市を拠点とするホームアリーナで、観客を魅了するエンターテイメントを提供。そして、クラブの取り組みがトライフープに関わる人々の生活をより豊かで実りあるものへと変化させていく。そうしたお手伝いができるクラブでありたいと願っています。

「トライフープが岡山にあってよかった。」「トライフープがあるから頑張れる。」と、皆様に必要とされ、「愛される」クラブとなれるよう、選手・スタッフ・社員が持てる力を最大限に発揮し、理念の実現を目指してまいります。

■トライフープ岡山のミッション

・地域に密着したクラブとなり、岡山県民をはじめとする人々に大きな活力を与えること。
・バスケットボール界において、常にチャレンジをし続けるクラブであること。
・非日常のアリーナエンターテイメントを提供するクラブであること。

地域に根ざすプロスポーツクラブというものは、素晴らしい競技力を示すこと自体より、スポーツを通じて観る人々の心に感動や元気が湧き起こるような好影響を与えていくことが使命であると、私たちは考えています。
アリーナ競技ならではの驚きある高いエンターテイメント性で日頃の疲れを吹き飛ばし、全身全霊で勝負へと挑み、ときに困難に立ち向かう選手たちの姿を通じて、トライフープを観る皆様に勇気をお届けする。それが我々トライフープ岡山のミッションです。

■運営会社 概要

〇運営会社:株式会社TRYHOOP
〇所  在  地:〒700-0985 岡山県岡山市北区厚生町3-1-15 岡山商工会議所ビル 616
〇代  表:中島 聡
〇TEL:086-230-3885
〇FAX:086-230-3887

■沿革

2014
株式会社TRYHOOP 設立
岡山市西市にある倉庫を改造し、屋内のフリーコート「TRYHOOP」をオープン。そしてスクール事業を発足。
2015
一般社団法人アテンプト・オカヤマ 設立
3人制バスケットボール・3x3チーム「TRYHOOP OKAYAMA.EXE」を発足。プロリーグの3x3.EXE PREMIERに参戦。
2018
5人制チーム「トライフープ岡山」発足
Bリーグ参入を目指し、5人制チーム「トライフープ岡山」を発足させ、B.LEAGUE及びB3リーグ傘下となる地域リーグ(中国・四国・九州地区)に参戦。
2018.09
B3リーグ準加盟 承認
B3リーグ理事会にて、B3リーグ準加盟が承認。
2019.03
B3リーグ公式試合参加資格 合格
B3リーグ理事会にて、B3リーグ公式試合参加資格に合格。
2019.04
2019-20シーズン B3リーグ参入 正式承認
B3リーグ理事会にて、2019-20シーズンからのB3リーグ参入が正式に承認。